金の買取相談は24時間いつでも可能!スマホからでも楽々無料査定

サイトマップ

見た目は金だけどメッキかも?買取に出す前に見極める方法

電卓を持つ

金のアクセサリーをお店で購入した場合、信頼できる正規店であればその品質に信頼が持てます。金や宝石の鑑別書や鑑定書が付いている品なら、その内容通りの品となります。厄介なのは、譲り受けたものや偶然見つかったアクセサリーなどです。その品質を証明するものがない限り、素人では品質を確かめることは難しい側面があります。
特にかなり古い年代ものや出所が分からないアクセサリーや飾り物は、見た目は金でもメッキの可能性があるので困りものです。不要なものでも金の可能性があれば、捨てるのではなく買取に出したいところです。そこで金メッキかどうか、誰でも簡単に確かめられる方法を2つご紹介します。まず確かめたいのは、金の刻印が入っているかどうかです。刻印があればメッキではありませんし、金の種類も表記されているのですぐに判別できます。
しかし古い品などは、刻印がないケースもあります。刻印以外で確かめる方法もチェックしていきましょう。分かりやすいのは、重さです。メッキの品は軽いことが多いため、この判別で分かることも多いでしょう。しかしプロに識別してもらうことが一番正確なので、金製かどうかわからない品は臆せず買取専門業者の査定を利用してみましょう。プロならではの方法で判別し、買取の可否や査定額を提示してくれます。

TOP